犬がぶどうを食べると急性腎不全や命にも関わる恐れがあります

犬に危険な食べ物として、玉ねぎやチョコなどはみなさんご存知ですよね。しかし、ぶどうやレーズンも危険であると知らない方は多いのではないでしょうか。ついあげてしまいがちですが、急性腎不全や、最悪、死に至ってしまう恐れもある危険な食材です。

ぶどうやレーズンを食べたあとの危ない症状

犬がぶどうやレーズンを食べてから2~5時間ほどで、症状がでてきます。ぶどう中毒のときは、次のような症状がみられます。

  • 嘔吐
  • 下痢
  • 食欲不振
  • 腹痛
  • 元気がなく、無気力

もっと危ない腎不全ですと、ほかに次のような症状が見られます。

  • おしっこの量が減る
  • 脱水
  • 意識の低下
  • 呼吸が荒くなる
  • 痛みのせいで体を丸める

腎不全とは、体の毒素を排出する腎臓が正常に働かず、毒素が体内に貯まり、脳や臓器にダメージを与えます。こうなると、命に関わるほどの恐ろしい状態です。もし、食べてしまった場合は、急いで動物病院で診てもらいましょう。

ぶどうの危険性の原因

ぶどうに含まれるどの成分に問題があるのかは、まだわかっていません。また、種類もたくさんありますが、どの種類が有害かとも解明されていません。ただ、犬がぶどうを食べたときに、中毒症状、急性腎不全が報告されていますので、危険であることに間違いはないです。

乾燥させたレーズンでは、成分が凝縮して、より危険性が高くなります。パン好きな犬も多いですが、レーズンパンには特に気を付けましょう。ぶどうジュースなどでも同じような症状が出ることがあり、あげないで下さい。

ぶどうの許容量

どれだけ食べると危いのか、症状の報告のあった量は次の通りです。

  • ぶどう 体重1㎏で約3~57g (1粒~)
  • レーズン 体重1㎏で約11~30g (18粒~)

目安の量でも、幅が広く、個体差があることがわかります。これより少くても症状が出てしまう犬もいれば、変化の起こらない犬もいるでしょう。

ただ、わざわざ食べさせる必要は全くありません。一粒くらいと考えずに犬のために与えないようにしましょう。

犬が食べてはいけない食べ物一覧

まとめ

ぶどうは、命にまでかかわる危険をもった食べ物です。与えないようにすることはもちろん、誤食の危険性も高いです。甘いにおいのぶどうは、犬にも魅力的にみえます。

自分たちで食べる場合も、犬の届かないところに置くなど、細心の注意を払いましょう。それでも、食べてしまったら、症状の有無に関わらず、急いで動物病院で診てもらいましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする