梅干しは犬が食べても大丈夫!でも種は危険信号です!

ご飯のお供として、また健康効果のある食品として馴染みの深い梅干し。健康効果を考えてわんちゃんにも

食べさせてみたいと思う方も多いかと思いますが、梅干しには種もあり塩分も気になります。うっかり食べてしまって

種を飲み込んでしまったなど慌てる事もあるかもしれません。ここで大切なわんちゃんと梅干しについて調べてみましょう。

梅干は基本与えてもOK!しかし種は危険信号です!

人間と同様に梅干しはわんちゃんに与える事で疲労回復や腸内環境の改善などの効果を期待する事が出来ます。なので、塩分に気をつけた適正な量を与える事は問題ありません。しかし、気をつけなければいけないのはその種です。

人間にとっては小さく思えても犬にとってはそうではなく、喉や消化器官に詰まってしまったら一大事です。梅干しの種は喉に詰まらせてしまう危険性の他に、成分としてアミグダリンと言う青酸成分が含まれまれており

万が一噛み砕いてしまった場合、中毒を起こす可能性があります。このアミダグリンと言う成分は生の青梅自体にも含まれますので生の青梅をわんちゃんに与える事も良くありません。

種を噛み砕いてしまった時の症状と対処法は?

種を噛み砕いてしまった時に出る中毒症状は以下のようになりますが、これらの症状が出た場合は早急に動物病院へ連れて行く事が必要になります。

  •  呼吸困難
  •  嘔吐
  •  めまい
  •  血圧の低下

種が喉につまった場合の対処方法は?

  •  口をあけ、種が見えているようであればピンセットなどで取り出す
  •  口をあけ、種が見えないのであれば、持ち上げられる犬であれば足を持ち逆さにし

  上下にふったり叩いてみる。もしくは、前足を持ちあげ種が落ちるように揺さぶってみたり  叩いてみる。もし、種が見えなく落ちてこないようでしたら他の箇所に詰まっていたりする場合もあるので個人での判断はやめ、動物病院へ行きましょう。「アイペット全国動物病院検索

また応急処置で種が取れたとしても喉などに傷が出来ている場合もありますので動物病院で診てもらう事をおすすめします。わんちゃんにとっても健康効果がうかがえる梅干し。しかし、その与え方によっては一大事を招きかねません。

普段からうっかり食べてしまわないように注意するとともに与える時には十分に注意を払って与えるようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする